Takeshi Wata
綿 毅

「お客様、協力業者、社員、会社、すべてが幸せになる」
苦しい時は、その理念が背中を押してくれる。

私が転職したのは34歳の時。当時、異業種にいた私がこの仕事を選んだのは、お客様からダイレクトに「ありがとう」という言葉が聞けること、そしてリフォームによって母親の気持ちが晴れやかになり、元気になったことのある経験から、リフォームの威力を目の当たりにしたことが理由でした。


CONY JAPANでは、お客様、協力業者、社員、会社、この4つが共に幸せになること「4ハピネス」を理念に掲げています。当時は新卒採用2年目、社員数も売上も現在の7分の1、ショールーム型店舗も2店舗のみ、携帯電話もパソコンも車も自分で段取りしなければならない状況で、何でも与えられていた前職とは大違いでした。 しかし「4ハピネス」に強く共感し「この環境で頑張る!」と、覚悟を決めたのを覚えています。会社も私のやる気を信じ、あらゆることを任せてくれています。


まずはリフォームアドバイザー、そして店長、販売企画部門、本社管理部門と、仕事内容は変化に次ぐ変化でしたが、代表の小西から「変化に強い人間が一番強い」と教えられてきたこともあり、まずは受け入れて、目の前にある仕事と向き合ってきました。


苦しい時は「何のためにこの会社に入ったのか」原点に立ち返り「4ハピネス実現のため、まだまだ社員をサポート出来ていない、まだまだ会社を強く出来ていない、持続可能な経営をしなければ、お客様も協力業者も守れない。まだ逃げるわけにはいかないな。」と思い返すようにしています。


今は上場を目標に、経営改革を加速的に行い、みんなの喜ぶ顔を早く見たいですね!

プロフィール

氏名綿 毅
英名Takeshi Wata
役職経営管理本部 業務推進部 部長