conyjournal

VOL.239

時にはのんびりリフレッシュ。
養った英気を、お客様との仕事に還元します。

  • SH
  • リフォーる事業部 東大阪店 店長 S.H.

cj1

今回4月11日から13日までの3日間、リフォーる事業部の社員旅行へ行きました。「日頃の疲れを癒したい」というスタッフが多く、様々な候補地の中から、石垣島への旅が選ばれました。
「沖縄タイム」に慣れるのも早く、日頃バタバタと走り回り、鋭い目をしているリフォーるのスタッフも、このときばかりは仕事を忘れ、のんびりと優しい目でリスザルと触れ合ったり、離島に高速船で出航してみたり、昼間からオリオンビールを傾けたりと、思い思いの時間を過ごしました。

今回個人的に一番の嬉しかったポイントは、何といっても「ホテル」です。エントランスや部屋から見えるオーシャンビューは格別の絶景で、室内、室外プールも完備。
露天風呂はもちろんのこと、岩盤浴もあり、設備も最高。昼寝の森と称したハンモックも設置してあり、長らく身を預けてくつろぐ社員の姿も見られました。

2日目の夜は、リフォーる事業部の未来を熱く語り合う会を予定しておりましたが、お客さん、スタッフ関係なしに店の中にいる人たち全員で歌い踊って過ごしました。

普段あまり接点のない他店スタッフや、同期同士の関わりの時間も多く、本当に結束が固まる社員旅行となりました。
店舗、お客様を留守の間預かっていただきました、A常務はじめ、リフォーる4期生の皆さん、バックオフィスの皆さん、エンジニア・職人さんのおかげで楽しむことが出来ました。
英気をたっぷりと養ったリフォーるメンバーで、今まで以上に爆走していきます!!

社員同士の交流を深めるよい機会。
いつも以上に話が弾みました!

  • SS
  • リフォーる事業本部 泉北店 副店長 S.S.

cj2

今回、リフォーる事業部の社員旅行で石垣島に行ってきました。僕自身、初めての沖縄だったので楽しみにしていました。旅行中は基本的に自由行動だったので、ゆっくりと過ごすことが出来ました。
一番印象的だったのは、沖縄ではどこの居酒屋も踊ったり、歌ったりと賑やかだったことで、お客さんも一緒に踊っていて凄いなと思いました。
また、仕事中は同期や他店舗の皆さんとあまり話す機会がないのですが、旅行中にたくさん話ができて、よい機会となりました。
留守を預かっていただいた皆さん、ありがとうございました。

お腹も心も満たされた3日間。
社員同士、楽しい時間を共有することが出来ました!

  • MK
  • リフォーる事業部 泉北店 主任 M.K.

cj3

今年、リフォーる事業部は2泊3日で沖縄県石垣島へ旅行に行きました。
1日目は「やいま村」というところでリスザルと触れ合ったり、国の有形文化財に登録された赤瓦の古民家を見たりしました。マングローブ散策も体験し、そこにはオオサンショウウオの子供や予想を超える大きなシジミなどがいて、石垣島の動物と触れ合うことが出来ました。
夜は演奏を聴いたり、踊りを見たりしながら地ビールのオリオンビールを飲んで、美味しい料理をおなかいっぱい食べました。
2日目は自由行動だったため、西表島へ行きました。車で30分もあれば横断できるといわれる西表島の道路は1本道で、信号もなければ建物も少なかったです。島のほとんどが森かマングローブの西表島はとても神秘的です。今回は行くことが出来ませんでしたが、森の奥まで行き、滝なども見ることができるツアーもありました!
西表島から戻ってきた港では、忘れてはいけない石垣島のスター、具志堅さんの記念碑と記念撮影もしました!夜も自由行動でしたが、リフォーる全員が集まって食事をしました。そこでの三線ライブ中は、スタッフを含む店中のお客さんが一体感に包まれていて、沖縄ならではの一時を過ごせてお腹も心もいっぱいになりました。

あっという間の3日間は、大阪にいるときよりも時間がゆっくり流れていたような気がします。都会に比べてスーツを着ている人や大きなビルなども少なく、時間に追われていないからでしょうか。
リフォーるには雨男がいるようで(某店長との噂)、3日間ともあまり天気がよくなかったことが残念でした。肌寒く、楽しみにしていたマリン体験などはできませんでしたが、なかなか揃うことのないリフォーるメンバーと時間を共有でき、とても楽しい3日間を過ごすことが出来ました!

CONY JAPAN BRAND