Shunji Sakane
坂根 俊治

「無益でも、人のために尽くせる」
それこそが人の価値。

学生時代に服屋でアルバイトしていた際、お客様から感謝のお言葉を頂戴した経験から、お客様に「ありがとう」と言っていただけるような業種で働きたいと考えていました。住宅業界は、お客様からいただく金額も大きく、その分プロジェクトが成功した時には大きな「ありがとう」をいただけるのではないかと考え、業界を絞って就職活動をしていました。CONY JAPANに入社を決めた理由は、正直「直感」です。希望や、可能性、夢を実現できるかも…といった未来を感じさせられたので、思い切って入社を決めました!


いろんな会社があります。そしていろんな要望があると思います。でもね社会人人生において、これから先は何と一番関わるか。人です。人。人。人。どんなにお給料をいただいて、どんなに遊び回っても、これからの人生の中で過ごす時間が一番長いのは、会社で一緒に働く人です。「一緒に働く人次第で、仕事にやりがいを感じたり、楽しみを覚えたりする。」何の仕事をしても、これだけは変わらずはっきりと言えます。(一部の特殊な仕事は除きますが…)


私自身、転職を考えた時期もありました。でもそんなとき、お忙しいなか3~4時間も親身になって相談にのってくれた上司がいました。その熱意に感激し、引き止められた訳ではなく、自らの意志で「まだこの会社で働きたい!」と決断しました。


何の利益も無いのに、そこまで人に付き合うことができるでしょうか?3~4時間相談にのっても、給料は発生しません。ただただ自分以外の人のことを想い、行動に移す。このようなことができるでしょうか?どこの会社にもいるでしょうか?CONY JAPANにはそんな方が、一人どころか沢山います。人は、そんな人について行きたくなるんだと思います。「自分以外の人のために、無益なことをどれだけ出来るか」私はそれこそが、人の価値だと思っています。


以前、耐震改修工事でご契約いただいたお客様に、自分の無知で浅はかな行動でご迷惑をお掛けしたことがありました。しかし、その後の職方とのやり取りや自身の対応をずっと見守ってくださり、工事が終わった後に、さらに追加で工事を下さったのです。転勤が決まり、ご挨拶に伺った時には「いつ帰ってくるの?」と言っていただきました。私は自分が必要とされることに喜びを感じ、それが日々のやる気に繋がっています。


「お客様第一主義」言うは易く行うは難し。お客様のことを想い、我武者羅に行動する。それが結局、自分に喜びとして返ってくることが分かっているので「ありがとう」「坂根さんに頼んでよかった」「次も坂根さんにお願いするわ」と言っていただけた時は心から嬉しく、病み付きになります!


私のビジョンは「生きて活きて粋ること!!」「誰かが決めたそういう事ではなく、自分が決めたこういう事」。そして原動力はもちろん「ありがとう。またお願いするわ」の一言!今後、坂根俊治に生まれて良かったと思える人生を、自分で導いて行くことが、最大の目標です!!!

プロフィール

氏名坂根 俊治
英名Shunji Sakane
役職スペースアップ事業本部 関東支社 厚木店 施工管理 主任