conyjournal

VOL.230

建築は関わる人間が多い仕事。
積極的に自分からコミュニケーションを取ることが大切。

  • MF
  • スペースアップ事業部 堺泉北店 施工管理 中途入社 M.F.

スペースアップに入社して、早いもので2年が過ぎようとしております。
『初心を忘れずに』とはよく言いますが、日々の業務に忙殺されると目の前の物事に追われて初心なんて簡単に飛んでいってしまうものです。

前職に比べると若いスタッフが多く勢いがあり、スタッフ間の距離が非常に近く、先輩が後輩のフォローを積極的にやっているのが強みであると思います。
私も現在47歳。建築の仕事を始めてもう20年近く経とうとしています。これまで学んできたことや経験は数え切れないほどあり、それは私の財産でもあります。それを少しでも店舗のスタッフに伝えていき、建築に対する興味や面白さを伝えると共に、若手社員をフォローしていきたいと、入社した頃は思っていました。
しかし日々の業務に追われ、入社当時に思っていたこともいつの間にか忘れてしまっていました。
そんな時、S課長がご自身の業務で忙しい中、店舗まで来てくれ、話をしてくれたおかげで、もう一度初心に返ってやってみようという思いになりました。もう一度初心に立ち戻らせてくれたことに感謝しています。

今まで得意だと思っていた「自分からコミュニケーションを取る」ということが実は苦手だったことに気づかされました。気づいた時が一番のチャンスだと思い、今は、自分からコミュニケーションを取るようにしています。
建築は関わる人間の多い仕事ですので、積極的に自分からコミュニケーションを取って、良い現場を作って行きたいと思います。

契約のためにお客様を喜ばすのではない。
喜んで頂いた結果が契約になる。

  • DK
  • スペースアップ事業部 神戸西店 中途入社 D.K.

仕事の醍醐味は、お客様との関わりを通して自己を成長させていただくこと。
しかし、この仕事は非情です。なぜなら、工事を請け負わない限り、完成までのお客様との関わりが無いからです。例えば、何時間もかけて提案プランや御見積をつくっても、ご契約いただかなければ、すべて時間の無駄となってしまいます。
そのためにも、全面的に信頼していただかなければなりません。信頼されるためには、現場のことや、商品に関することもそうですが、本当にそれが『best』の選択だったのか、ただ単に『better』ではないのかと私自身、よく考えます。
「この商品しかありません」とか「この施工は出来かねます」など、楽をすることは簡単です。ですが、いろいろな人に聞いたり、様々なメーカーに質問したりしない限り、知識は増えませんし、お客様にまかせて頂けないと思います。

私自身、初めて配属された店舗は大阪北店でしたが、彼らは、全員がお客様に喜んでいただくことを目的に集まった同志だと感じました。契約していただくためにお客様を喜ばすのではなく、喜んでいただいた結果が御契約になっていたケースが原則だと思います。お客様にさらに喜んでいただけるには、どうすれば良いだろうか?この想いが強く、言動に移し続けることのできる人ほど、御契約し続け、愛される営業マンです。私自身、そういう在り方を目標にしています。
お客様から御縁を頂くことは“点”です。誰かを紹介していただき、再び工事を頂ければ、それは“線”になります。私個人の挑戦としては、この“線”をどこまで伸ばしていけるかが課題であり、やりがいです。

担当者のお客様だけでなく、お店の、会社のお客様という感覚で。
みんなで大事にしている姿勢が好き。

  • MN
  • スペースアップ事業部 福岡店 中途入社 M.N.

お疲れ様です。スペースアップ 福岡店のNです。
早いもので、昨年の9月に入社してから1年が経ちました。
現在、子育て中で、契約社員として働いています。
周りからは、やっていけるか心配されつつも、理解してもらい、融通をきかせてもらいながら働けていることは、とても有難く、感謝しています。

スペースアップでの仕事は、材料の手配、工事中の現場監督・養生から清掃まで、担当が行い、最初は難しいと思いましたが、とてもやりがいがあると、感じています。
前職でも、リフォーム工事の打合せから引渡しまで担当していたので、入社までは、その点は余り変わらないのかなと思っていました。しかし、自分が現場の中に入って実際に動いてみると、いろいろと大変でした。

例えば、

  • 朝、大工さんに指示をして、店舗に戻った頃に「建具が納まらんよー、何時に戻ってくるとー」と、電話があり、慌てて現場に戻ってみると、別の部屋の建具をつけようとしていた。
  • 浴室を解体している時「止水屋さんは、いつ来るとー」と叫ばれて、まだ到着していない設備屋さんを、慌てて早めに来てもらった。
  • 工事前の床下点検の際、浴室下に土間を確認したので、それを利用しようと思っていたら、浴室解体したら、実は土間が脆くて、慌てていろんな左官屋さんに電話をして、土間の打ち直しに来てもらった。

と、少し振り返っただけでも挙げ切れないほど、色んなことが起こり、いつも慌ててばかりいることに気づきました。
今まで、何事もなかったように工事が終わっている時も、実はいろんなことが起こっているのだと知りました。

入社して半年した頃、次長から
「現場では、どんなに準備してもいろんなことが起こるから、起こった時に、素早く対応することが大事」と助言をもらい、今は現場では何か起こるのが当たり前との心構えで、何か起こっても冷静に受け止め、対応に専念できるようになって来たかなと感じています。
最近では、失敗を次回に活かせるように、現場で気づいたこと、職人さんに指摘された言葉などを、工事中の工程表に書きとめています。

また、いろいろな現場が重なってしまい「体が足りなーい!」という状態の時、店長はじめ、福岡店のスタッフのみんなが、自分の仕事もあるのに現場へ駆けつけて来てくれて嬉しく思いました。私が現場に行けてなくても、お客様から「他のスタッフさんが来てたよー」と、喜んでくれたこともありました。
担当者のお客様ではなく、お店のお客様、会社のお客様との感覚で、みんなで大事にしている姿勢が、この会社の良いところだと思います。

こんな悪戦苦闘の日々が続いていますが、ある時、工事中のお客様から、「いつも忙しそうなのに、それを感じさせないで、おっとりしていて良いですね」と、言われました。自分では、バタバタ動いているつもりでしたが、そのような言葉をいただき、どんな時でも、お客様が話しかけやすい雰囲気を保てるようにしていきたいと思っています。
そして、工事が終わった時は、無事に終わった安堵感で、ほっとします。
そんな中「スペースアップに頼んで良かった。工事に来てくれる人はみんな良い人だった」と言っていただけた時は、本当に嬉しいです。

前職では、お客様宅を巡回して、人間関係を作ってから注文頂く仕事だったのですが、スペースアップでは、お客様からのお引き合いがあって、打合せや実際の工事の中で、お客様との人間関係が出来ていく仕事です。何よりも『お客様の為に』『お客様を第一に』行動するよう、心がけるようになりました。
これからも成長できるように、日々前向きに過ごしたいと思います。

他者との違いは組織力・団結力。
お互いを助け合い成長しようという意識は本当に素晴らしい。

  • KE
  • スペースアップ事業部 富田林店 中途入社 K.E.

スペースアップ富田林店のEです。
私が、中途採用でお世話になってから早くも2年になります。凄く密度の濃い時間をすごさせていただいていることに大変感謝しています。
もともとは電気工事の職人をしていたのですが、25歳の時に指を切断しかける怪我をしてしまい職人の道を断念。以来、販売業、物流管理の仕事と、リフォーム業とは違う世界にいました。
毎年、同じことの繰り返しの中で、自分自身「本当にこのまま一生を終えていいのか?」と考えるようになり、ふと求人募集を見ていた「CONY JAPAN」のホームページにたどり着きました。
社長の小西のコメントを見て衝撃を受け、もう一度自分の人生、チャレンジをしたいと考えるようになり転職という決断をしました。

今まで勤めてきた会社との明らかな違いは、組織力・団結力です。
仲間意識、お互いを助け合い成長しようという意識が、本当にすばらしい環境だと私自身感じております。

今、その中の一員として働くことができ、本当に転職をして良かった、間違いじゃなかったと思っています。
自分より年齢の若い方が多いですが、教えてもらうこと、学ばせていただくことも多く、凄く濃い日々を過ごせていることに感謝しております。
私がまだ職人をしていた時に、ある会社の社長さんとお話をさせていただく機会があり、「一日一つ覚えることを意識すれば、1年で365個を覚えることになる。仕事のことでも社会のことでも何でもいいけど、終わった時に振り返り、昨日の自分より成長できているかを考えることが大事。意識しているのと意識していないのとでは、1年後、大きな差ができている」と教えていただきました。その言葉が今でも自分の中で大きく残っています。
社会に出て20年程たち、いろいろな方と出逢い、たくさんのことを教えていただきました。そんな経験を、今度は自分が若い方々に微力ながら伝えていければと思っています。

まず今後の目標は『影響力のある人間になる』ことです。そのためにまずは、自分自身が率先垂範で動くこと。そして結果を1番に残すことが重要だと考えています。
何もせずにただ見守るだけ、人任せにしているのでは、誰もその人の言うことを聞いてくれません。結果を残し、注目される人財となり、皆さんの手本となる人間となることを目標としています。
そして、一日を大切に、今まで出逢えたすべての人たちへ感謝の気持ちを忘れず、これからも精進していきたいと思います。

お客様のことを大事に考えて行動できるスタッフのみがいる。
チーム力があり、とにかく元気!

  • RN
  • スペースアップ事業部 加古川店 プランナー 中途入社 R.N.

スペースアップ加古川店プランナーのNと申します。
一度CONY JAPANを退社し、昨年の12月に戻ってまいりました。
その間の2年は大手のリフォーム会社にいました。

スペースアップの違いとしては、大手では、

  • 店舗予算もありますが、なによりも個人予算の達成が大切
  • 現場調査~完工までが担当者別に分かれておらず、全て一人で行う。耐震診断や補強の指示も自分でする。
  • コンプライアンスの徹底。契約書は新築の注文住宅並みの内容(厚さ)で、建築士免許のない人は一人では契約書をもらえません。
  • 結果を出していれば比較的、自由に行動できます。

などなどでしょうか。

スペースアップに戻ってきて感じたことは、

  • お客様のことを大事に考えて行動できるスタッフのみがいる。
  • 自分のことより店舗。
  • 設計課、プランナー課、施工管理課と大きな工事では役割分担して、チーム力があり、とにかく元気。

退職する前もこの感じが好きだったと、改めて感じました。
これからプランナーとして、お客さまにとって最善最高のプランをご提案し、微力ながらチームの、そして会社の力になりたいと思っています。

CONY JAPAN BRAND