conyjournal

VOL.231

未来を良くしたい!働く楽しさを教えたい!希望を与えたい!
言い訳なしで行動し続けます!

  • RF
  • スペースアップ事業本部 関西第1支社 副支社長 R.F.

今、会社に必要なものは『伝統を継承し、進化すること』と思い、日々の業務に励んでおります。
また、私は言っている事とやっている事の一致が本当に大切だと思っております。まだまだ未熟ですが、口だけ男になりたくない…。そんな想いで仕事をしておりますが、苦しい時も多いです。
でも、もっと未来を良くしたい!若いスタッフに働く楽しさを教えたい!希望を与えたい!と本気で思っています。環境が…。会社が…。あの部下が…。これがあれば…。色々な言い訳を“なし”にして、私は行動し続けます。そして、ただ動くだけでなく、プロである以上、結果は絶対です。生ぬるい成果に対する考えではいけません。

未来の家族のため、未来の会社のために、ガンガン行動を起こしていきます。そして、多くの社員に仕事の楽しさを私なりの価値観で伝えていきたいと思います。
寝言みたいな理想論より、私は現実と行動を一番の善として何が一番正しいかを見つけます。

目指すのは背中で魅せるリーダー。
何事にも挑戦し、学び、成果を求める覚悟を決めます。

  • MK
  • スペースアップ事業本部 堺泉北店 店長代理 M.K.

今期より店長という役職を経験し、改めて、現状を改革していくために必要なことは日々の習慣の見直しだと感じました。
そして、何より先んじて行うことは自分自身に制約をつけ、習慣を変え、フォーハピネスを実現するための人格を形成することだと考えています。
結果を出すためにはお客様に喜んでいただくことが必要不可欠です。お客様に喜んでいただける行動には人格が要であり、お客様に喜んでいただけることをする日々の習慣が人格を形成していることは間違いありません。これらのことは企業理念に全て詰まっており、改めて理念浸透型経営の重要さに気付きました。

私が目指すのは背中で魅せるリーダーです。

今の環境は悪くありません。悪いのは今の環境に甘んじている自分でした。
何事にも挑戦し、学び、成果を求める覚悟を決めます。

未来は今の積み重ねの先にしかない。
しっかりとした「今」を積み重ねていくこと。

  • RM
  • スペースアップ事業本部 生産技術部 プランナー課 課長 R.M.

CONY JAPANは、やはり人であり、お客様、社員、誰が相手であろうと常に誰かのためにと想える集団であると思っています。

私が預かっておりますプランナー陣も人一倍その想いが強い集団です。店舗をまたがり助け合う姿に日々感謝しております。この素晴らしいメンバーを残しつつ、さらに次の新しい人財を生むことが私の責務だと思っております。

プランナー課は女性のみで形成される課として出産、育児、介護などで働き方が大きく変わる集団です。皆が安心して働ける環境作りの考案は必須であり、業務改善は常に取り組んでおります。まずは自分で考え、切り開いていくということを実践し続けるリーダーになります。
未来は今の積み重ねの先にしかありません。しっかりとした今を積み重ねていきます。

かけがえのない会社、社長、仲間と出逢えたこと。
そのすべてが必然。

  • HT
  • スペースアップ事業本部 生産技術部 施工管理課 課長 H.T.

私は他社から転職してCONY JAPANに入社しました。再就職を探す際、無限にある道の中からこのCONY JAPAN(当時はスペースアップでした)に決めたこと、また採用してもらえたこと、社長の小西に出逢えたこと、素晴らしい仲間、人財に出逢えたこと、その全てが社長の言われるように必然であると今は感じることができます。
沢山の素晴らしい人財に支えていただきながら、今の私があります。

施工管理課の長を任されている以上、これも天命と心に叩き込み、まずは私が日本一の施工管理となれるよう日々研鑽して参ります。これを信念とすれば、私の部下は必ず成長してくれるはずです。
このスペースアップには本当に素晴らしいセンスを持ったプランナーさんが沢山いらっしゃいます。その無理難題を受け、尚かつ、それ以上のモノを施工管理者全員が施工出来るよう、これからも日々精進して参ります。

必要とされる存在になれるかは自分次第。
自分にしかできない志事をしていく!

  • JY
  • リフォーる事業部 堺店 店長代理 J.Y.

先日、近い将来、人間の手が必要なくなる仕事についての記事を読みました。人工知能の発達、機械化、マニュアル化 など。その時、今、自分がしている仕事は機械にもできる仕事なのではないか?ものすごい人工知能が開発されたとき、自分の代わりが務まらないか?と問いかけてみました。
考えた結果、全てこれからの自分次第だと気付きました。与えられた仕事をこなす、やらされ感を抱いたまま仕事に取り組む。こんなことをしていてはいつか必ず社会に私の居場所はなくなると感じました。

では、機械や人工知能にできないことはなにか?
それは日々の中で学ばせていただいている人間力、人との関わりを活かすことだと感じました。習慣形成もその内の一つです。

私は、リフォームの仕事をしていますが、大切なことはそのリフォームを通して周り(お客様、社員、家族、他)にどんな影響を与える人間になっているかだと思います。
CONY JAPANにはその力を養う要素がたくさんあると思っています!
お客様と本気で向き合い、部下と本気で向き合い、家族の幸福を求める!そしてそれを出し惜しみなく全力で支えてくれる仲間がいる!それがCONY JAPANだと思います!

  • お客様と本気で向き合うのは誰か?
  • 部下と本気で向き合うのは誰か?
  • 家族の幸福を追い求めるのは誰か?
  • 本気でない人間を周りは全力で支えてくれるのか?

やはり自分次第なのです!

自分が本気なら最高の環境がCONY JAPANにはあります!
(部下に関しては、モチベーションや精神的、肉体的に本気を引き出すのが我々リーダーの役目です。)

このCONY号で、自らの成長が絶対に周りのために必要不可欠であると信じ、邁進していく所存です!
そして絶対に機械にはできない志事をしていきます!

CONY JAPAN BRAND