Hisae Kurihara
栗原 仙江

いつか女性社員の「目標」となれるように。
「人」に魅力を感じたから、その「人」を活かせる
環境を作っていきたい。

 私がCONY JAPANに入社を決めた理由は「人」でした。人材で勝負する会社と聞いていましたが、会社説明会に行った際に先輩社員の方々のイキイキとした表情を見てまさにその通りだなと感銘を受けました。どの会社もはじめは新しく覚えることばかりなので、イキイキとしていた先輩方と良い人間関係を築きながら仕事をしたいと思ったのが一番の理由でした。

 実際に入社してみて、やはり「人」に大変魅力を感じました。毎日関わるわけではない他店舗の同期も、いざという時には悩みを聞いてくれるなど非常に頼りになる存在です。また先輩や上司はもちろんのこと、後輩や部下たちも成長意欲が高い人間が集まっているので私も負けてられないと背中を押されます。社長がよく仰っている「何をするかではなく、誰とするか」という言葉の重みを日々強く感じています。

 リフォームの営業をしていると、お客様の過半数がご年配の方です。そのお客様がお仕事をされていた時の話を聞く機会が多いのですが、この20代・30代の頑張りが将来を決めるのだなと感じます。お客様とお話をする事で大切な事に気づかされますし、お客様に心を開いて頂けてより一層信頼感も生まれるので、自然と自分のやる気につながります。そして「栗原さんにお願いして良かった!」と言って頂ける瞬間が一番嬉しいです。お客様にこれまで頂いたたくさんの言葉は私の一生の財産です。

 私のこれからの目標は、女性社員の道を先立って作ることです。私が入社した頃に比べて女性社員の数も増えてきました。3年目を迎えましたので後輩女性社員を大切にし、女性ならではの悩み等を一番に相談してもらえるような存在になりたいと考えております。女性が働きやすい環境作りや女性のためのキャリアアップについて考え、会社に貢献していきたいです。その為にもまずは私自身が女性社員のお手本となり、目標にしてもらえるような人になりたいと思います。

プロフィール

氏名栗原 仙江
英名Hisae Kurihara
役職リフォーる事業部 本部 主任